資生堂HAKU

色素沈着はなぜ起こる!?HAKUは色素沈着に効果あり!?

色素沈着に悩んでいるという方は多いですよね。

顔や身体でのケアをしているのに、なかなか黒ずみが改善されないという経験がある方もいるでしょう。

色素沈着はなぜ起こるのか、色素沈着はどうケアすれば良いのか知りたいですよね。

HAKUのメラノフォーカスVは美白美容液の中でも人気の高い商品ですが色素沈着に効果はあるのでしょうか。

HAKUは色素沈着に効果あり?色素沈着はなぜ起こる?

HAKUが色素沈着に効果がるのかを知る前に、色素沈着はなぜ起こるのかどうケアをすれば良いのかを知っておきましょう。

ポイント1:色素沈着はなぜ起こる?
ではまず色素沈着はなぜ起こるのかを知っていきましょう。

色素沈着が起きている場所というのは黒ずんでしまいますよね。

色素沈着はどうしても摩擦が起きやすい場所に起こりやすく、脇の下や肘や膝などに起こって目立つ傾向にあります。

色素沈着による黒ずみはメラニン色素が皮膚に沈着してしまうことで起こります。

何らかの理由によって肌のサイクルが乱れることでメラニン色素が皮膚の内部に過剰に蓄積されてしまうことがあります。

それには紫外線や加齢、ホルモンバランスの乱れ、そして摩擦など様々なことが原因となるのですが、ターンオーバーが正常であれば肌に沈着することなく排出されていきます。

しかし上記のような理由によってターンオーバーが乱れてしまうことで、部分的に色素沈着が起こり黒ずみが目立つ肌ができあがるということです。

衣服や下着による摩擦によってできる色素沈着の他にも、長時間肘や膝をついた状態で過ごしていたりニキビをいじる、皮膚炎などが原因となることもあります。

ポイント2:色素沈着はどうケアする?
色素沈着をケアしていくには、まずは摩擦が起きにくい状態を作ることや、下着の締め付けを緩くする、長時間同じ体勢でいないなど日常生活での意識改革も必要となってきます。

これは今後色素沈着を起こさないために重要なこととなりますが、では今起きている色素沈着にはどうケアをしていけば良いのでしょうか。 

色素沈着が起きている部位によってもケアの仕方は変わりますが、特に色素沈着が起こりやすい脇の下を例にあげると…。

✔保湿をしっかりと行うこと
✔保湿をたっぷりしたうえで美白クリームなどを使用する
✔自己処理による刺激を少なくする

といったことが有効となり、保湿を行い美白をすることで乱れてしまったターンオーバーを正常化させていきます。

また部位によっては身体の冷えや血行不良が原因なものもあるので、色素沈着が起きている部位によってケアの方法を変える必要があります。

HAKUで色素沈着は改善する?

色素沈着が起こる理由やケア方法を見てみると、HAKUは色素沈着に有効であると感じます。

HAKUには美白有効成分4MSK、m-トラネキサム酸が配合されていることや、保湿効果も高い美白美容液であるということからも色素沈着に対して効果を発揮すると言えます。

4MSKにはメラニン色素の過剰な生成を抑制したり、メラニンを排出する効果があります。

色素沈着はメラニン色素が沈着することで起こると先ほど話しましたが、メラニンを排出することは色素沈着が起こりにくい状態をつくることができることに繋がるため、この成分が非常に有効だということがわかりますよね。

またm-トラネキサム酸にもメラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制する効果があるため、メラニンが増えることを抑制して色素沈着を起こりにくくすることができます。

そのため顔にできたニキビ跡の色素沈着している部分などにも効果を発揮し、HAKUを使うことで色素沈着が起こりいにくい肌作りをすることができるということになります。

また今起こっている色素沈着の部分に対してHAKUでケアをしていく場合は、HAKUを使う前にたっぷりと肌を保湿しておく必要があります。

肌のターンオーバーを正常化させることが色素沈着には非常に有効なので、HAKUの効果を実感するためにも肌は潤いで満たしておくのが良いでしょう。